ヒゲを英語でいうと

実は、英会話をイギリス人から習っています。

習ったことの復習をかねて、ブログに残して置きたいと思います。自分用メモです。

スポンサーリンク

ヒゲの種類と英語の名称

全体的にヒゲが生えてるスタイルは「beard」と呼びます。アニメワンピースの白ヒゲは「White Beard」と訳されています。単なるヒゲに一番近いイメージのようです。ちなみに植物の芒(のぎ)や矢じりや釣り針のかえりとい意味もあるそうです。この写真のように顔全体にヒゲが生えている場合には「full beard」と呼ばれます。

下顎に生えているヒゲを「goatee」と呼びます。山羊ヒゲなんて言い方をするそうです。語源もgoat(山羊)から来ています。ちなみに写真の人はアメリカ合衆国大統領のリンカーンです。

上唇の直上に生えるものを「moustache」と呼びます。口髭というみたいです。

さらにこっちみたいになると、「handlebar moustache」と呼びます。日本人では少ないタイプかもしれないですね。

男性の顔の耳の前に生えているヒゲを「sideburn」と呼びます。このタイプのヒゲって日本人では見ないタイプですね。ちなみのこの写真のバーンサイド(burnsides)将官が由来だそうです。ルパン三世やエルビスプレスリーも、このヒゲの代表的な有名人です。

このように、日本語で一口にヒゲと言っても、英語に直すとそのスタイルで様々な表現があるそうです。

今後も英語を勉強して、字幕なしで映画が見れるようになりたいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする