中堅獣医師が考える加計学園問題

もうすっかり下火になりつつある、加計学園問題。

獣医師は本当に足りてないのでしょうか?動物病院って結構町に溢れていませんか?

獣医大学が増えることで、飼い主様達には恩恵が果たしてあるのでしょうか?

中堅獣医師が、その問題について考えていきます。

スポンサーリンク

獣医師は足りてないのか?

全く統計的な数字とかではないのですが、現在動物病院に勤務する獣医師は足りてないと思います。常に、求人はあるので選ばなければ、就職はいつでも可能です。

しかし現在、町に動物病院は溢れています。

飼い主さんにとって、動物病院や獣医師が足りてないという事は無いのではないかと思います。

つまり過剰になった動物病院が、獣医師を引っ張り合ってる状態ではないかと考えています。

一方で、加計学園が掲げる、地方の公務員の獣医師が足りないという問題は、現実としてあると思います。

その点では、加計学園の存在意義はあるかと思います。

ただ獣医師の世界では、大学病院は確かに立派な施設で人材も豊富なのですが、動物の診療に関しては必ずしもトップでは無く、個人や企業の動物病院の方が立派な施設と有名な獣医師を揃えていることも珍しくないです。

よって、四国に加計学園ができても、そこでの診療で多くの犬や猫が助かる様になるかというと、若干疑問が残ります。

有名な獣医師の先生が、加計学園に入れば別だと思いますが。これだけ問題があると、有名な先生は行きにくいのではないかと思ってしまいます。

地方の公務員獣医師を増やすには

獣医師が増えれば、地方の公務員の獣医師が増えるかと言えば答えは「ノー」でしょう。親が動物病院の獣医師の息子が、加計学園に入って地方の公務員獣医師になるはずがないでしょう。また、東京出身の人が加計学園に入って公務員になるとしても、まず先に東京都の公務員試験を受けるでしょう。

目的を達成するならば、地元出身の公務員志望の受験生を集めるべきです。

そして問題の本質は、獣医が足りないことじゃ無くて、「獣医師の偏在」が問題なのです。そこを解決する方法は、大学を作ることでは無く、地方の公務員の待遇を改善することです。

そのために税金を使った方が、はるかに効率的でしょう!

現在獣医学部に入るのは、医学部に入るよりも困難と言われています。それなりの努力をしないと入れません。しかし、敷居が下がることで、場合によっては質の悪い獣医師の大量生産に繋がりかねないので、その点には注意が必要かもしれません。

加計学園の存在意義

最近、こんな話題がありました。

加計学園は認可が下りることを前提に、すでに来年度入学の学生募集を開始おり、定員140人のうち、20人を外国人留学生枠で募集しているそうです。

そして、その大半は韓国からの留学生であるとのことです。

もはや加計学園のやりたい方向が見えてきません。これで、当初の目的が叶うのでしょうか?

私には、加計学園の存在意義が見出せません。

卒業後の獣医師の進路を縛る事はできません。そうすると、動物病院に就職する獣医師が増えて、ますます獣医師の競争が激化し、食べていけない獣医師も出てくるのではないかと懸念します。

結局、野党も獣医師会も、加計学園止めれなかったですね(涙)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする